【しまどな島人02】西方宏樹さん

大三島を丸ごと伝える「しまど」のパートナーを紹介していく「しまどな島人」
二人目は今が旬の柑橘、甘平の作り手、西方宏樹さんです。

shimabito-nishikata01

西方さんがUターンで東京からみかん農家の後継者として戻って来たのは5年前。大三島の最北端に位置する盛で、ご両親と共にたくさんの品種をとても丁寧に作られています。
Uターン後、新たに植えた甘平はこの5年の間、甘平にとってどの環境がいいのか日々、柑橘と対話するように、いろいろ試行錯誤を重ねながら作られています。西方さんは、味の面からもあまり大きくなりすぎないように作る事や、畑の地面が乾かないように気をつけて作られているそうです。 


甘平(カンペイ)とは・・・

平成19年8月に品種登録された愛媛県オリジナルの品種です。
西の香とポンカンの交配で、シャキッとした独特の食感と濃厚な食味が特徴。とても甘くて平たい形をしていることからこの名前が付けられたそうです。水を多く必要とし、成長過程で割れることが多く、農家さん泣かせの品種です。

このように試行錯誤のもと丁寧に作られた西方さんの甘平は今が旬。
「みかん農家の柑橘食べくらべセット第4期」にもお入れできそうです。
みなさんにぜひ食べていただきたい愛媛県、大三島の柑橘です♪

shimabito-nishikata02

<オンラインショップ>
愛媛県大三島の食べごろ“みかん” をお取り寄せ
http://shop.shimad.co.jp