【2014.6.5】大三島メモ vol.03

大三島メモ04

大三島メモ04

大山祇神社では1年をとおしてさまざまな神事が行われます。
先日6月2日(旧暦5月5日)には御田植祭がありました。大山祇神社の御田植祭とは、大山積神が木花咲耶姫に稲作りを教えられた神徳を奉拝するもの。
島内の各地区から選ばれた16人の早乙女が白衣に赤襷、手甲脚絆の装いで御田植えを奉仕します。一力山が目に見えない稲の精霊と相撲をとる一人角力(ひとりずもう)の奉納も見どころです。テレビでご覧になられた方もいるかもしれません。
毎年、二勝一敗で五穀豊穣をお祈りします。
神事が終わってから神社では少年相撲大会が行われ、こちらも伝統行事となっています。

大三島メモ04