4月25,26日《愛媛県 大三島直送》
しまど「蜜柑市」 @カタカナ 自由が丘店

shimad_mikanichi_web3

4月25、26日は「蜜柑市」

前回2月3月に大好評をいただいた、大三島の食べごろの柑橘を集めた「蜜柑市」を自由が丘にある「日本のカッコイイを集めたお土産屋さん katakana/カタカナ」さんで、4月も引き続き開催させていただくことになりました。
大三島の食べごろの柑橘を数種類、島から直送・販売させていただきます。

約ひと月ぶりの大三島の柑橘は、以前とはまた少し食べごろの品種が変わっております。
暖かくなってきたことで、爽やかな食感、瑞々しい味の柑橘が期待できます。
ぎりぎりまで農家さんと相談しながら、美味しい蜜柑をお届けしたいと思います。
農家さんのOKが出ないと出荷できない品種もあるほどのこだわりようです。
それは大三島の農家さんの責任と自信の表れでもあります。

また、当サイトのコラム「しまどな島人」でもご紹介させていただいた、
花澤伸浩さんのレモンもご用意できる予定です。
こちらは「皮ごと使っても安心」と花澤さんのお墨付き。
この時期の大三島のレモンは皮の黄色が濃く、完熟に近くほんのり甘みも感じます。
大三島の自然の力をたっぷり蓄えた、美味しくてジューシーなレモンにぜひ出会ってください。

東京で、新鮮な大三島の食べごろ蜜柑を販売させていただくまたと無い機会です。市場にはなかなか出回らない蜜柑もありますので、みなさまにはこの機会に大三島の旬を知っていただきたいと思います。

ぜひ自由が丘の「カタカナ」さんにお買い物がてらお立ち寄りください!
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

しまどの「蜜柑市」

瀬戸内海に浮かぶ愛媛県の大三島では、冬に差し掛かる10月くらいから春が明ける6月前後まで、約30種類もの柑橘が栽培されており、入れ替わり立ち替わり、様々な品種の柑橘がそれぞれの農家さんのもとから出荷されていきます。それほど柑橘栽培が盛んな大三島で人々は、様々な柑橘に親しみを込めて、総称して 蜜柑と呼んでいます。島の人々の暮らしに蜜柑は欠くことのできないものです。

蜜柑の「旬」は冬ですが、個々の品種で本当に美味しい食べごろは一瞬しかありません。そして意外にも、「穫れたて」が「食べごろ」とは限らず、品種やその年の生育状況によっては「酸」を落ち着かせるため、いったん貯蔵庫で寝かせ、熟成させてから出荷するものもあります。

蜜柑の一番美味しい食べごろを見極めるのも、農家さんの大事な技のひとつです。当日は、私たちしまどが日頃からお世話になっている大三島の農家さんたちから直接譲っていただいた、旬の蜜柑、数種類を自由が丘へ直送・販売致します。

《愛媛県 大三島直送》 しまど 蜜柑市 @ カタカナ 自由が丘店

[ 内 容 ]
① おすすめ食べくらべセットの販売
※ 旬の柑橘5種 + レモン

② 大三島の食べごろみかん量り売り
※ 旬の柑橘5種 + レモンを量り売り

[ 日 時 ]
4月25日(土)、26日(日)
※ 11時 〜 夕方(売り切れ次第終了)

[ 場 所 ]
日本のカッコイイを集めたお土産屋さん
カタカナ 自由が丘店

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢 5-20-21
第一ワチビル 1F

日本のカッコイイを集めたお土産屋さん katakana/カタカナ

http://katakana-net.com