「第1期/しまの蜜柑食べくらべセット」発送完了

第1期/しまの蜜柑食べくらべセットの発送が完了しました。
今季初のセットでしたが4種の蜜柑が揃いました。

今年は悪天候が続いたりと蜜柑にとっては不利な状態のなか、
1年間のみかん農家さんたちの絶え間ない労力の結晶である
蜜柑たちが顔をそろえ、ひとつの箱におさまり旅立っていきました。

この時期の旬の蜜柑は毎年大人気、瀬戸のまどんなを筆頭に温州みかん(中生)、
ありあけ、はれひめが登場しました。
それぞれの品種を軽く紹介させていただきます。

●温州みかん(中生)・・・花澤家族農園
同じ温州みかんでも時期によって品種が変わります。
中生(なかて)は早生(わせ)にくらべ若干、袋が厚く
しっかりとした濃い甘さとコクが特徴のみかんです。
今年は全般的に糖度はおさえめなものが多いです。
花澤家族農園の温州みかんはなぜか懐かしい味がします。

●瀬戸のまどんな(愛媛果試第28号)・・・越智農園
愛媛県が育成した新品種で県内でのみ生産されている柑橘です。
果肉がジューシーでとろけるように柔らかく、のどごしもやわらか。
越智農園の瀬戸のまどんなは毎年大人気の争奪戦。今年も安定の
おいしさです。
果皮がとても薄いのでカットするのがおすすめです。

スマイルカット・・・はじめに果実を横にナイフで2つにカットし、
縦に4つにカットすると食べやすいスマイルカットになります。

●はれひめ・・・西方農園
温州みかんとオレンジのいいとこどりで生まれた柑橘です。
みかんのように手でむけ、オレンジのように甘くてさわやかな香りが
特徴の希少品種です。
西方農園のはれひめは絶品です!一度食べたら止まらなくなる美味しさです。

●ありあけ・・・景浦農園
ネーブルオレンジとクレメンティン(スペイン原産)から生まれた柑橘です。
ネーブルのように果汁たっぷりで濃厚な甘み。
手でむくこともでき内皮も薄くて皮ごと食べられます。
カットするとより甘味が感じられおすすめです。
全国的に生産量も少なく希少な柑橘ですのぜひ召し上がっていただきたいです。
景浦農園の景浦さんはヨーグルトにも合うよとおすすめしてくれました。